ドルVS主要国経済

取引と金融の街ニューヨークから、Invest Divaのキアナ・ダニエルが投資アドバイザーとしてあなたのお小遣い作りを助けます。 今週のFXダンスフロアで踊る通貨ペアたちの分析です。   FXダンスフロアで輝いているミズ.USAに注目しながら主要通貨たちについて見て行きましょう。 アメリカの非農業部門雇用者数は9月で248,000の増加を見せ、予測されていた216,000を上回り失業率は6.1%から5.9%に下落しました。これは2008年7月以来の最低値です。 アメリカ経済は雇用面でのゴールにむけて遥かな道の上にいる一方、他の主要国経済とくらべてみると頭ひとつ抜きん出た存在でもありつづけています。 FRBの政策が多くの中央銀行、特に更なる量的緩和と紙幣供給を考えている中央銀行とは異なる手法をとることでUSドルはライバル通貨を一歩リードし続けることでしょう。しかしながらここ最近の上昇にも関わらず、月曜日の米ドルは頑固で息を整えるため戻ってきました。 米ドルスイスフランはまだ私たちのターゲットである0.9751に若干届いていません。 0.9452を下回れば見通しを弱気に変え0.9225がターゲットとなるでしょう。 米ドルカナダドルは前回の高値である1.1277に到達しましたが、一目の雲の上で引き続き上昇トレンドでありRSIは中立エリアにあります。 豪ドル米ドルは2番目のターゲットであった0.8659に到達しました。ピップ獲得おめでとうございます。 ポンドドルは短いリバウンドを経て1.6044の50%フィボナッチレベルを下抜けしようとしています。 下抜けが成功すれば更なる下落を招き、1.7542と1.5487が次のターゲットです。 水曜日にはFRBからFOMC議事録の発表がありますので、investdiva.comの更新情報をお見逃しなく。 ビデオをトレーダー仲間にもシェアしてあげてくださいね。 もし取引についてもっと学ぶ必要があると思ったら、サイトのLearn to Tradeセクションをチェックしてください。 ではまた明日お会いしましょう。 English ver 日本語版メルマガ開始しました!登録はこちら: 短期FXテクニカル・レベル分析 EUR/USD

Read More »