スイスフランについてのまとめ:その歴史とこれから

NYでは雪が降り積もり、マイアミ帰りの私にとっては文字通り凍える寒さです。 冬のNYも好きですけどね! 今日は多くの方にご質問いただいていたスイスフランの将来についてのスペシャルレポートをお送りします。 スイスフランは1月15日の大暴騰の後、これからどうなっていくのでしょうか。 投資アドバイザーは私、キアナ・ダニエルです。イラン出身のユダヤ人で、日本留学中にFXをはじめ、現在はNYから様々なトレード情報を発信しています。 スイスフランは法的要求である最低40%の金準備の裏付けのもと、実質0インフレの通貨として長らくセーフヘブンと考えられてきました。 しかしながら1920年代にまで遡るこの金との関連付けは国民投票の末2000年5月1日に終了しています。 2005年3月までに金売却プログラムを終え、スイス国立銀行は総資産の20%に当たる1.290トンの金を保有することになりました。 2014年の11月に行われたスイスフランに対する20%の金裏付けの復活は「スイスのゴールドイニシアチブ」に関する国民投票の結果、却下されました。 2011年から2014年まで、スイスフランにとっては重要な決断がなされます。 2011年3月、ギリシャのソブリン危機に憂慮した投資家が安全資産を求めたため、USD/CHFは0.91のレベルにまで下落しました。2011年8月までには0.769を下回り、行き過ぎた過大評価に対抗するためスイス国立銀行はここでスイスフランの流動性供給に乗り出します。 同時にスイスフランは対ユーロにおいてもパリティに達しつつあったため、これを深刻に捉えたSNBはユーロに対する上限を設けることにしました。 つまりEUR.CHFが1.20のレベルを下回らないよう介入することにしたのです。 この発表に反応して、15分の間にスイスフランはユーロに対して1.22から1.12まで、そして米ドルに対しては9%引き下げられました。 介入は長らくスイスフランをセーフヘブンと考えていた通貨トレーダーに大打撃を与えました。 結局フランは対ユーロ8.8%、対ドル9.5%、それから16の通貨に対して発表日のうちに少なくとも8.2%下落しました。 ユーロに対する下落としては最大のもので、SNBは予めドイツマルクに対して1978年の通貨レートをターゲットに設定し、高インフレの対価とともにこれを維持しました。 この取り決めは歴史的な暗黒の木曜日、2015年の1月15まで続きます。この日、スイス国立銀行は突然にこのペッグを取りやめ、スイスフランはたった数分でユーロに対して30% も上昇しました。過去1000日間の変動分すべて合わせたよりも大きな動きが、たった数分の間に変動したのです。 スイスフランショックの影響 -スイス金利は-0.25%から-0.75%に引き下げられた。 -スイスの口座維持費用が値上がりした。 -急激なユーロ安がスイスの輸出産業を脅かす恐れがある。 そして多くのFXブローカーが問題を抱えることになりました。 スイスフランショックがFXブローカー業界の整理につながることは明白です。

Read More »