迷うポンドドル

取引と金融の街ニューヨークから、インベストディバのキアナ・ダニエルが投資アドバイザーとしてあなたのお小遣い作りを助けます。 今週のFXダンスフロアで踊る通貨ペアたちの分析です。今週はイギリスとアメリカから多くの経済ニュースが届く予定です。そこで今日の分析は英国ポンドと米ドルのペアから始めてみましょう。 賃金上昇率の不調はイギリス経済の大きな懸念となり、投資家はポンド買いにあまり乗り気ではありません。 1.7付近の保ち合いがしばらく続いた後、先週お伝えしたようにペアは最終的に一目の雲を下抜けし、1.68の下まで下落しました。 しかしながら金曜日にはターゲットであった1.6650まで下がりきらず、値動きの迷いを表す「コマ」のローソク足がFXダンスフロアに形成されました。更なる下落を見越して1.65をターゲットにしたいと思いますが、もし1.71を超え一目の雲の上空に戻った場合は、1.74と1.79をターゲットに更に上昇するでしょう。 ドル円は一目の雲の上空を遷移しており、先週は「トンカチ」のローソク足パターンを形成し、強気の見通しが確認されました。 しかしながら値動きは遅く、ターゲットの105に辿り着くまでには時間がかかりそうです。長期間サポートである61%フィボナッチレベルの100を下回った場合見通しは弱気に代わり、ターゲットは97です。 豪ドルは(米)ドルに対して0.95レベルでリバウンドしています。オーストラリアのジョブレポートが不調であったため、一目の雲を下回った後ペアは次のフィボナッチレベルに向かって下落しています。ターゲットは0.9181と0.9081ですが、0.95を上まわった場合は見通しは強気に戻り、0.9750がターゲットです。 ユーロドルは前回のターゲットである1.345と1.33に到達しピップを稼いだ後、50%フィボナッチレベル付近で停滞中です。まだバケーション気分が抜けないのか、ここを下抜けられれば1.31までの下落が見込まれます。一方1.37を上抜けすれば1.4と1.4245をターゲットに上昇するでしょう。 長期トレーダーの方々、小さな損失に焦らず、大局を見ましょう。短期トレーダーの方々は、責任を持って投資しましょう。そして私が何を言っているのかイマイチよくわからなかった皆さん、今すぐInvestDivaの学習コースに参加して、世界最大級の市場で取引するスキルを身につけてくださいね。 English ver 短期FXテクニカル・レベル分析 USD/CHF 4時間足: 抑圧気味。 Invest Divaのオススメ: 0.907の上でロングポジション。ターゲットは0.909と0.915です。 代替シナリオ: 0.907の下で0.904と0.901をターゲットに下落。 ダンスフロア概観: ペアは一目の雲に接近中で、RSIは中立エリアの上空で遷移しています。 サポートとレジスタンス: 0.915

Read More »